副業

ハンドメイドアクセサリー販売初心者【準備の必須は金具止】講師歴あり

こんにちは!

ななくり
ななくり
ふりくら・ぶろぐ運営者の

ななくり です

この記事では、こんなお気持ちの、あなたに寄り添い、ひとつの準備をお伝えしたいと思います。

ハンドメイド販売希望さん
ハンドメイド販売希望さん
ハンドメイドでアクセサリー売ってみたいなぁ。気持ちはあるけど、なかなか踏み出せないのよね。アクセサリー作るの好きだし、ちょっとでも、収入になったらいいな!と思うんだけど。。。最初、まずは、何から始めたらいいのかな。

すんごく共感です。以前の私の気持ち、まんま、なので。最初の一歩って、本当に、なかなか踏み出せないですよね。

それでも、一度、思い切ってスタートを切ると、未来が変わるので、

まずは【最初にこそ・おさえるべきポイントは・たった一つ】について発信です。

その肝は、タイトルの通り【金具止め】です。

ななくり
ななくり
ハンドメイドアクセサリー歴10年以上・講師資格&活動経験ありの運営者より、【金具止め】が、なぜ必須なのか?過去の失敗も踏まえて、ひとつのご提案をお伝えしたいと思います。

この記事で提案する【最初にこそやる事】は、たったひとつです。

が、後々の、ハンドメイド作家のキャリアを分けるべく「大切な事」だと痛感し続けていることです。

あなたが、ハンドメイド作家として、ライフワークとして活躍したいならば、その寿命と収益を継続するために、必読かも、です。

お読み頂くことで、あなたの【ハンドメイド・アクセサリー販売】に、自信を持ってスタートを切って頂ける一案になるとは思います。

主に、天然石・ビーズ・シルバーorゴールドのモチーフパーツ・レジン等を使用したアクセサリー製作に、あてはまる内容です。

ハンドメイド販売希望さん
ハンドメイド販売希望さん
うんうん!ハンドメイドのアクセサリーを売ってみたい、収入を得てみたい! で、何から始める???
ななくり
ななくり
是非、お読み下さい!

ようこそハンドメイド・アクセサリー販売スタートの世界へ★

講師経験から痛感した一番大切な事

最初に結論からお伝えします。

ハンドメイド・アクセサリ―販売活動をスタートするために【最初にこそ、やるべきたった一つのポイント】は、

【金具の基礎技術を習得しておく】

これが最重要だと、個人的には思います。

ハンドメイド希望さん
ハンドメイド希望さん
金具ねぇ。最初の準備って、ネット販売サイトの登録とか、作品づくりとか、収益振込口座の開設とかじゃないの?
ななくり
ななくり
もちろん、それら、スタートの必須事項です。でも、その前に、とても重要なのが【金具の正確な技術】と、断言すら、したいのです。

「minne」「BASE」の販売サイトの登録や、販売する作品づくりの前に、今一度、改めて、抑えて頂きたいポイントだと思います。サイト登録は、該当サイトの手順に従えば、すぐに登録できます。

それでも戸惑ったら、ググれば、ネット上に親切丁寧なガイド情報が多くあります。作品づくりは、出品してから、様子を観察しつつ、じっくりと製作して頂きたいのです。

ハンドメイド販売希望さん
ハンドメイド販売希望さん
なぜ【金具】???

次章で、その理由をサクッとお伝え致します。

アクセサリー作りで最も重要な技術

【金具の基礎技術】が最も大切だと思う理由を、3つにまとめましたので、ご覧頂きたいです。

前提として、【金具の基礎技術】って何?について、説明を添えます。

【金具の基礎技術】

◆「留め具」の処理が正確であること

アクセサリー作りには、多種の【金具=パーツ】が存在します。

アクセサリーという形に創り上げる為には、【金具=パーツ】の接続・処理が必須

その処理について、基礎技術を習得して、正確な処理をしてから、市場に出すことは、大前提であると思います。

(具体的な例:ネックレスの留め具・ピアスの土台金具とモチーフの接続部分・指輪のワイヤー処理・全てのアクセサリーで使用するチェーン連携箇所の処理などなどです。)

アクセサリー金具って、とっても多種類。超基本的な金具だけでも

↑絶対必須金具だけでも、ピンク丸印で囲ってみました。

そして、この必須金具だけでも、適正に処理するには、やはり習得しているか否かは、画像でも一目瞭然です。

それでは、その【金具の基礎技術】が、なぜ大切なのか、3つの理由を揚げます。

①販売作品のラインが歪む

金具止めが、正確で適正に処理されていないアクセサリーは、完成形のラインに歪みが生じます。ミリ単位の角度のズレが重なり、結果的に、アクセサリーの肝である、ラインが明らかに崩れます。素人っぽい仕上がりに。

②販売作品の強度が弱い

金具止めが、正確に処理されていないアクセサリーは、強度が弱く、短期間使用での破損に繋がります。留め具に不要なテンションがかかるため壊れやすい。あなたのデザインを気に入って、せっかく購入してくれたのに、何度目かの使用で壊れてしまった。金具が取れてしまった。

どう感じるでしょうか?1回目は許してくれるかもしれませんが、2回はアウトです。

③購入者からクレームが出る

金具止めが、正確で適正に処理されていないアクセサリーを購入された方は、破損が生じると、口コミにクレームをあげるかもしれません。

逆の立場で想像すれば、当たり前のアクションですよね。世界に向けて発信されているインターネットで販売しているのですから、慎重に捉える心得を。

ハンドメイド作家として、黒歴史を残したくない!ですよね。

そして、これらが重なると、ハンドメイド作家としての活動期が短命になるかもしれません。

ちょっと、キツめで、ごめんなさい。

が、ハンドメイド作家を志す、あなたの為に、あなたが長く活躍し、収入を上げてゆけるハンドメイド作家になるべく今後について、真剣に考えると、とても大切な事であると思い、過去の自分自身を戒めるためにも綴っています。

私は、販売後に、作品強度の甘さを痛感したので、そのスキルを上げるために、多くの時間を無駄にしたと思います。ああ、もっと早く知っておきたかったと。

ちょっとした油断で、チャンスを遠ざけて欲しくない!と思っての発信です。

ハンドメイド販売希望さん
ハンドメイド販売希望さん
なんか、大変そう。。。
ななくり
ななくり
そんなこと、ないです!ちょっと心得ておき、金具使いをマスターすれば、リスクを回避して、長く活動することが出来るスキルだと思います!

次章で、短期間で、スキルを上げる方法をお伝えします★

副業在宅ワーク主婦★ハンドメイド【開始・販売・収益化コツ】まとめようこそ いらっしゃいませ! このページへ訪れてくれた あなたは こんな気持ちで、来てくださいましたか? ...

トラブル・リスク回避は最初が肝心

では、三大危険である

作品ラインの歪み・破損・クレーム

を避けるために、最小限でリスク回避をするためには、どうしたら良いか?

それは、

【金具の基礎技術をマスターする】ことですよね!

そして、なるべく負担が少なく、確実に、コスパ良く、が理想ですよね。

私は過去に、紆余曲折して、そうとうの時間を無駄にしたうえに、歪み・破損・クレームに奮闘しましたので、その経緯から、最短のリスク回避のコツをお伝えします。

それは、

販売前に、デビュー前に、短時間で習得しておくこと。

だと実感です。

なぜ?

販売活動は、割と、やることがいっぱいです。なかなか、スキルアップに費やせる時間は作れないです。後回しになりがちです。従って、効率良く進みません。

だから、デビュー前にこそ、短期集中で【金具扱い】スキルに、がっつり自信を付けてから、活動スタートしてください!結果的には、とても効率が良いと感じています。

基本と実践が作家キャリアの分岐点

とは言え、【技術の習得】ですから、それなりに、集中力・根気・時間は、必要だと思います。

勉強でもビジネスでもスポーツでも、一定の結果を出したいならば、ある程度の習得は必要ではないでしょうか?ましてや収益にしたいのですから、品質水準は保つべきです。

基礎習得なし!でも、売れる商品はあるかもしれません。トレンドに乗ったり、バズッたり、何かのきっかけで爆発的な売り上げにつながる例も、もちろん、あるのが世の中の常です。でも、その状態が、長期的に継続するか?というと、ちょっと違いますよね。

ハンドメイド・アクセサリーに限らず、価値あるものを生み出して、長く活躍するために、【基礎と実践】は、活動キャリアの深みを分ける重要ポイントだと思うのです。

よって、力説したいのは、

ちょっと回り道しても、基礎は抑えておこうよね

ということでした。

大切なことなので、重々しく表現してみました。

とはいえ、集中して真剣に向き合えば、一日の取り組み時間にもよりますが、個人差を踏まえても、1ヶ月~半年くらいを見積もればOK!なんじゃないかな、と思います。

信頼されるハンドメイド作家になる

ここまで、お読み頂いて、ご共感頂けたなら、

あなたが、【信頼されるハンドメイド作家】としてデビューする為に、経験から会得した、具体的な方法を、失敗談と共にご提示します。

私が【金具の基礎技術マスター】の為に行った方法

①宝飾クラフト系の専門学校の講座へ通ってみた

→結果:金具から造形・手作りするレベルで高度すぎ

 

②天然石手作りアクセサリー教室へ通ってみた

→結果:作品で使用した金具だけは習得できる。金具は多種類なので、全てマスターするには、時間とお金がかかりすぎる。

 

③パーツ問屋で多種類の金具を購入し、その基礎工程を学べる書籍を探してみた。

→結果:多種類の金具の購入に迷ったテキスト書籍を見つけられなかった。東京神田の大型書店ですら。

このような経緯を経て、いよいよ、通信講座のパンフレットを取り寄せてみます。正直、通信講座で学べるとは思っていなかったのが本音でした。

長時間、吟味しすぎた結果、入口として申し込んだのは、ユーキャンのビーズアクセサリー通信講座で、

結果として、納得のゆく基礎段階、【金具の基礎技術】をスキルアップすることが出来ました

なぜ?

課題作品がレベル別に分けられ、難易度に合わせた作品作りを通じて、難易度に合わせた金具の基礎レベルが、段階別に学べた。

10作品以上の作品それぞれに、多種類の金具が使用されていた結果、メイン金具7割の【正確な使用方法が学べた】結果となりました。

更に、添削課題を提出すると、歪み・角度ズレの箇所は、ちゃんとチェックされ、訂正処理の方法が提示されていました。

通信講座、あなどれない。提出課題のデザインとかイマイチかしら?って気にしてたけど、そんなことより、レベルにあった、レベル別スキルを組み込んだからこその、このデザインなんだと、納得。全ての作品を作り終わる頃には、自然とスキルアップしていました。

見よう見まねで、好きなものを作っていた段階と、明らかに違う。

その違いに気づくことができたのです。

自分で、あれこれ、レベル別で教材書籍や、材料をひとつづつ揃えるって、今でこそ、できるようになったけど、当時は、わからなかった。

無駄が多かった。だから、必要な技術の基礎を、系統立てて、順番に習得してゆけるって、すごく効率的でコスパが良かったのです。

その後、講師資格を取ったり、と続くわけですが、最初から、こだわらないで、やってみれば良かった、と痛切に思い至った次第です。

なによりも、一定時期、集中してテキストに従って、こんこんとやってみた結果、デザイン重視、カラー重視で作っていた作品のフォルムラインが、綺麗に整っていったことに、嬉しく思いました。

一針一針、ひとつひとつの繋ぎ目の正確性こそが、完成度を大きく上げることを実感しました。

あなたも、デビュー前の短時間で、作品の強度・完成度を高めて、満足度の高いハンドメイドアクセサリーを販売することで、信頼あるハンドメイド作家に★

経験からの一例として通信講座をあげましたが、

あなたに合った、時短・コスパ良し!の、

【金具止め技術】を、見つけて、基礎を身に付けてから、

デビューを視野に入れてみて下さい★

2020年1月現在、アクセサリー通信講座は、何社かありました。

気付いたことが一点。課題作品の画像をネットで掲載しているところが、ほんとに少ない

なので、2020年1月、3社から、試しに資料請求をしてみました。資料にも、全課題作品の画像がない!!!えっ???それでは、トライできない、ですよね。

私が一番最初の入口として、トライしたユーキャン・ビーズアクセサリー通信講座は、

今現在も、公式HPの最初の説明で、全ての全課題作品の画像と、テキストの内容が掲載されていました。これなら、納得した上で申し込める!と。

ああ、良かった。長年、運営継続しているだけあって、今でも納得の内容。そして、当時以上にリーズナブル

作品課題が、届くまで不明なんて、申込できませんよね。

もし、ご興味を持たれたら、ユーキャンの通信講座のお申込みはこちらです。手芸ジャンルの中の、ビーズアクセサリー講座をご覧下さい★

おわりに

この記事は、

ハンドメイドのアクセサリー販売をご検討されている あなたへ、最初にやっておくポイント、基礎技術の習得について、その重要性と理由・方法のチョイスについて、お伝えしました。

一文でも、一行でも、あなたの情報になれば幸いです。

ハンドメイドをコツコツ続けて、収益に繋がることは、たとえ少額であったとしても、なにより充実感がありますよ!

副業在宅ワーク主婦★ハンドメイド【開始・販売・収益化コツ】まとめようこそ いらっしゃいませ! このページへ訪れてくれた あなたは こんな気持ちで、来てくださいましたか? ...

また、お会いできるのを楽しみにしております★

こちらの記事も是非★