Webショップ

40代主婦秋の一人休日こそ【おせちを徹底的に選ぼう】お正月楽ちん

こんにちは!

ななくり
ななくり
当ブログ運営者の

ななくり です

 

この記事は、

秋冬ならでは期間限定のお楽しみ

お正月の

おせち選びを楽しもうの記事です!

 

こんな風に感じる あなたへ

 

いいお天気。行楽シーズンよね。

お休みだけど、今日も家事で終わりそう。

家族はみんな出掛けてるけど、

夕飯の準備はしなきゃならないし。

お掃除、お洗濯、終わったら、

半日終わっちゃうな。

そんな気分で、そして、

食べることが好きな、あなたへ

とっておきの遊び方をご提案。

 

お正月のおせち、手作り派ですか?毎年ご注文派ですか?

どちらの あなたも、

おひとりの時間があるならば、

 

お正月に向けて、

おせち選びを楽しみませんか

 

食べることが好きなあなたら、

半日以上、楽しく遊べます★

私は3日、遊べます!

 

この記事では、おせち選びを楽しむ時間をご提案。

ご興味を持たれたら、是非、お読み下さい。

 

おせち選びは秋冬の楽しみ

 

毎年、秋のお彼岸が近づく頃、スーパーで、デパートで、ネットで、テレビで、

「おせち」の広告を、目にしませんか?

 

「あー、もう、お正月だわぁ、早いなぁ~」と。

そして、「まだまだ、ずいぶん、先ね。」と。

 

そう、まだまだ先です。お正月。

 

でも、まだまだ先だからこそ、余裕をもって、

あれこれと熟考することができるのです。

気持ちに、余裕がなくなると、人は判断が、ぶれがち。

気持ちの余裕=心のゆとり

遊びというのは、こんな状態だからこそ、可能です。

したがって、

今年は、

あなたも、是非、おせち選びを、遊びのひとつとして、取り入れてみませんか?

食べることが好きなあなたなら、「選んでいる時間」そのものが、楽しく過ごせる充実時間になる!と思います。

 

まずお正月を想定してみる

 

あなたの今年のお正月、どのようなご予定ですか?

お正月は・・・家族が揃いそうよ・ひとりお正月よ・帰省するわ、いろいろ想定されます。

でも、

「どうなるか、まだ、わからないのよ、どうするのかしら。」

家族や親族の予定が、まだわからない派、圧倒的に多そうです。

帰省する家庭でも、子供の成長に伴い、だんだん帰省人数に変化が出てくるようですよね。

だから、きっと、

「お正月なんて、

まだまだ、先、

おせち、なんて、

量が決められないわよ!

ですよね。

わかります。その気持ち。

 

でも、そのような不確定な家族や親族の都合に、頭を悩ます必要は、ありません。

かっこいい大人の女性は、さらりと解決!

そもそも、御節料理の由来って、お正月の三が日は、かまどの神様に休んでもらおう、女性を食事作りから解放しようという意味を含めて、

保存が効く食材を中心にしつらえたものです。

 

想定より多めだったら、

お正月の、三が日をかけて、実際に集まった人数で、ゆっくり楽しめばよいのです。

 

想定より少なめだったら、

足りないくらいが、美味しさも倍増ね!と笑顔でスルーしましょう!

 

ひとりお正月なら、お好みのおせち、ひとりじめ★

 

ゆとりある大きな気持ちで、おせちを選び、楽しんじゃいましょう!

 

おせち料理の量に悩んだら、

大まかな見積もりで!

 

おせちを注文するメリット

 

おせち料理を注文するメリット、これは、もう一言のみ。

楽ちんすぎ★なんだか安心。

 

年末は、やることありすぎますよね。

お掃除だけでも。買い物だけでも。年賀状だけでも。

 

やらなかったにしても、年末って、どうも、気持ちが、あせりませんか?

 

ところが、

【おせち】を、ひとつドンと注文しておくと、

あら不思議★どこか安心感があるのです。

 

長期休みの家族の三食、しかも年末年始。全てを、一から用意するより、全然気持ちが楽です。

毎年、おせち料理は手作り派の方も、一度、注文してみると、その変化に、新鮮な発見があるかも!です。

私も、子供達が小さい頃から、毎年、作っていました。が、だんだん子供が大きくなり、量より質が喜ばれる系へシフトし、自分の体力も年々落ち、注文デビュー。注文すると、なぜか安心感たっぷりで、その他の献立準備にゆとりすら。そんなメリットを享受してしまうと、今年はどれにしようかなと、選ぶことが秋の楽しみに。

大晦日から3日くらいまで、何食分も特別メニューやご馳走の準備があるものの、

注文した【おせち】があると、お正月の献立選びが、やっぱり、とても気が楽になります。

だいたい、主婦って、自分が作ったものしか食卓に並ばない。つまらなくないですか?誰かが作ったもの、ましてやプロが作ったもの、「なになに?これ?どんな味?」的な期待感、主婦だって、お正月に味わいたくないですか?

帰省する方も、持参、あるいは帰省先郵送で、大変喜ばれるのではないでしょうか。

ひとりで過ごされる方は、少量の贅沢おせちセレクトで、是非とも、リッチなお正月をお過ごしください★

 

視覚で味わい楽しむおせち

 

購入前に、本物を見ることはできないからこそ、

パンフレットと紹介サイトは、じっくりじっくり眺めましょう。

おせちのビジュアルを楽しむ時間を満喫!

 

美しい【おせち料理】、スタンダードな伝統的なおせち料理・海鮮・洋風・中華と、様々なバリエーション展開ですね!

料亭・ホテルと、老舗の味から、新参入まで、見応えたっぷりじゃないですか?

自宅の食卓に並べた時、実際に味わう時、家族の感想、などなどを想像しながら、パンフレットやサイトを見ていると、あっという間に時間が過ぎます。

並びすぎてて、迷います。悩みます。

 

この時間こそ、

結構、

かなり、

楽しい。

 

おせちのパンフレットを見つけたら、とりあえず持ち帰り、眺めてみる。

サイトも、じっくり見つくしてみる。

たくさんの商品を見ることで、目が効くようになります。

価格はもちろんのこと、グラム・配送状態・受取日時など、比べることにより、あなたが、重要視しているポイントがわかるようになってきます。

小袋包装スタイルもあれば、到着時、既に重箱に詰められ、冷蔵庫に入れるだけ、食べる時に出すだけ!スタイルもあります。

そんなところまで、

じっくり吟味してみましょう!

 

お正月が来る前に、

なんだか

【食べた気がする】くらい、

美味しくて楽しい時間ですね★

 

早期予約はこんなにもお得

 

365日の中で、お正月しか食べない=その直前だけ配送パニック。

そのパニックを最小限に抑えるため、多くの場合、早期予約者には、値引きをしています。

 

段階別に「○日までの予約で○%引」になっていたり、

あるいは、期間が近づくほど、価格が上がったり。

その形態は様々ですが、

早ければ早いほど、損はないです。

 

また、直前になればなるほど、

頼みたくなったおせちは売り切れて、

配送日時の選択の幅が狭まるのです。

 

冷蔵庫がパンパンになりがちな年末年始。

ジャストなタイミングで、

チョイスも配達日時も、

妥協なしの注文をしましょう!

 

厳選・おすすめサイト特集

 

では、早速、おせちの旅へご出発を★

 

「おせち」ググると、

いっぱいありすぎ。

検索結果も広告も、もりもり。

 

安心してご注文できる、

40代・アラフィフ主婦へおすすめの

厳選したサイトだけの掲載です。

 

 

まずは、おせちの通販王道店

蟹の通販でおなじみの【匠本舗】

全国の料亭・名店に監修頂いた匠本舗オリジナルの料亭おせち。

第1弾終:9月30日、2弾終:10月31日、3弾終:11月25日と

価格が上がってゆきます!


運営者、ひとり蟹ぱーりーで絶賛利用中★

一人で蟹パーリー★通販レビュー【満足する一人前の量ってどの位?】 こんにちは! このページを開いてくれたあなたは、 きっと、蟹が食べたいなって思った、 ...

 

 

 

 

“こだわりの美味しいもの”を取り揃えた直販サイト

【みんなのお祝いグルメ】より特集記事!



 

 

 

【Oisix】おせち特集より

合成着色料、合成保存料の使用は一切なしが特徴!

月ごとに(9月~11月)早割キャンペーン実施しています。

DEAN&DELUCAも新登場。



 

 

きっとご存じのテレビ通販サイト

【虎ノ門市場】 全国の食材を紹介し続けた

虎ノ門市場が選び抜いた絶品おせち特集より

【おせち】ページへ直接は

↓↓↓この文字からクリックを★

おせち特集

虎ノ門市場サイト入口↓はこちらから



 

 

 

安心の百貨店

【東急百貨店】ネットショッピングより

おせち特集です

【おせち】ページへ直接は

↓↓↓この文字からクリックを★

【送料無料】東急百貨店のおせち

サイト入口↓はこちらから



 

 

 

【おせち選び】記事まとめ

 

おせち料理を選ぶ楽しみについて、綴ってきました。

厳選・おすすめサイトはいかがでしたでしょうか?

 

是非、あなたも、

ドンとおせち料理を注文して、

ゆったりとお正月を楽しんで下さい!

 

ゆとりをもって、楽しく選び、

出費が多い年末年始に備え、

早割のお得狙い。

元旦は主婦もわくわく。

おすすめ致します!

 

新時代、令和、最初のお正月、

ゆったりと

【おせち料理】を楽しみたいですね!

 

またお会いできるのを楽しみにしております★

こちらの記事も是非★